B.Friend MK6A Cherry MX Mechaical Switch Keyboard

B.Friendのアルミ筐体TKLキーボードMK6Aです。軸はチェリー製で重量が1.8kgとかなり重いキーボードです。

  • Mechanical Switches: CHERRY MX(Blue)
  • Dye PBT Sublimated Keycaps
  • N-Key rollover
  • Pressed key quantity: 87PCS
  • Usb plug
  • Cable length: 1.8M
  • Dimension: 388☓136☓37mm
  • Weight: 1770g
韓国向けと台湾向けの製品があるようで韓国版のほうが軸やLEDの選択肢が多いかなぁ?

豪華なパッケージに収まってます。パッケージ+本体重量のせいで送料が痛かった...

ホログラムみたいなロゴ。

確かに筐体の剛性とかアルミ素材の加工は素晴らしい!Varmiloといい勝負かな?

パッケージと内容物はB.Friendの方が豪華かな? 

英語、ハングル、中文の解説文です。韓国版ではRGBタイプのものも発売されてるような感じですが未確認...

アルミ筐体のカラーは2種類あってピンクとオレンジです。これは台湾のみのカラーかもしれません。引抜工具にセーム皮みたいな巾着袋が付属してます。

持ち運び用と言うよりは保管用かな?このキーボードは持ち運びするには重すぎるww

ケーブルはメッシュタイプで少し硬め。プラグ部は金メッキ処理されてません。

チルトスタンドはマグネット式で脱着可能になってます。かなり強力な磁力で外すのが大変です。

これです。

底面に装着する場所があります。スタンドは付けなくても打鍵しやすいけど、装着したほうが文字は見やすくなるかなぁ?


どっちに磁力があるのか解らない...

こんな感じで装着します。外す時は両手を使わないとびくともしません。

重さを計ってみればよかったかも...

滑り止めは4箇所ですがこの素材も初めて見るタイプ。しっかり固定してくれます。

製品シール。シリアルナンバーは3桁なのであまり出回ってない製品かもしれない。公式サイトでも紹介されてなかったような気がする。

Varmiloを意識してるような気もする...キーキャップはPBT製で昇華印字です。LEDも下側になってます。 

とにかく重厚感のあるキーボードとなってます。アルミ素材の塗装?も綺麗ですね。

フレーム厚は4mm~5mm位あるかな?

正確な名称はアルミ合金素材でいいのかな?指先でなぞると少しザラつきがある。指先で叩いても空洞感は皆無、金属の塊みたいな雰囲気です。

Capsのインジケーターはありません。有効になるとLEDが発光するタイプですね。

このキーキャップでは判別がしにくいですね。筐体の品質は最高ですがキーキャップは少しバリが有るのが残念。あとスタビライザーの出来もちょっと良くないかも...

インジケーターですがCapsLockではなくWinキー有効・無効を表してます。右のはMenuキーの有効・無効ですがキーキャップの印字はWinキーです。

台湾仕様のキーキャップなので独特な印字になってます。LEDが白色のみなんだけどマニュアルには「マルチカラー・バックライト」と記載されてるので韓国版がオリジナルなのかもしれない。

側面です。厚みがありますね。

緩いステップスカルプチャーになってる?片手で持って撮影するのが辛いww

背面です。ケーブル接続部は左寄りになってます。

自立できます。

miniUSBタイプですね。

チェリー青軸です。スタビライザーが少し硬めなのでシリコンスプレーなど使えば改善するかも。

やはりチェリー純正青軸は少し打鍵音が高いような気がする...

PBT製で昇華印字。

アップ画像。

こんな感じでバリがかなり目立つ。まぁ出っ張ってないので問題はないし見えない位置なので気にはならないか...

照明を落とすとこんな感じ。そのうち透過タイプのキーキャップと交換してみようかなと思ってます。

LEDの発光ギミックは8種類かな?

グレーのキーキャップは光を通さない。

GMKの静音化パーツを取り付けたのですが...多少打鍵音は控え目になりますが押下感が極端に悪くなるというかストロークが中途半端でした。かなり不快な打鍵感になったので撮影後取外しましたww

苦労してはめ込んだけど...

青軸にこの手のパーツは必要ないなぁ...

 


Maxtill TRON G91

前回記事にしたMaxtill TRON G10ですがこれはG91となってます。このメーカー数字が上がると性能も価格も上になってるのかと言うとそうでもないようで発売順なのかなぁ?なにせ韓国語のページしか無いので憶測です。ラインアップは豊富なので今後も集めていこうかと思ってますが、まずはデザインがかっこよくてオリジナルっぽい気もするこのG91の紹介です。

Pixart PMW3310登載ということで中堅機といったとこかな?パッケージはG10と同じく菱形風の変形タイプでカラーもオレンジと黒を基調としてる。このメーカーのメーカーカラーなのかな?

英語と中文にハングルの解説文、この辺も共通ですね。

韓国の物流は中々いい感じ。大陸系に比べて梱包に気を使ってるようで使用する梱包材などは大陸ショップの倍の厚みです、インチョン空港から羽田空港経由なので到着も早い。

添付品はペラペラのマニュアルのみ。当然日本語の解説は有りませぬ。

ソフトウェアは公式サイトからダウンロードするタイプですが...Chromの翻訳機能を使わないと所在が解りません...

USBプラグは刻印入りで金メッキ仕様。

ケーブルは太めで巻きぐせと言うかヨリが強めで取りまわしは良くない。一晩伸ばして吊るしたけどダメですね。

確かカラーバリエーションがあったような?これは基本形のグレータイプかな?トップ面は少しザラついた塗装処理かな?

元ネタのガワが有るのかもしれないけど、個人的には気に入ったデザイン。無理な形状ではないのでホールド感は悪くないし、剛性感も工作精度も高めです。

うーん?どっかで見たことがあるような気もするが...

仕様なのか不明ですが心持ち上向きのケーブル接続部。横から見ると斜め上になってるような気がします。隙間を見たけどバリや塗装漏れもありませんでした。

サイド面は少しラバーっぽい素材なのか?これも何処かで見たことの有る三角形の凸凹処理が施されていてそこそこ滑り止め効果がある。サイドボタンは調べてないけどマイクロスイッチっぽい感触でパコパコ・ユルユル感は無し。

右サイドも同じような凸凹処理。

雰囲気的に細長い感じのマウスに見える。

お尻の部分が発光するタイプだけどこの辺だけはちょっと造形が粗いかな?

このプレートみたいのにメーカーロゴが刻印されてるとカッコイイかも...

サイド面のアップ。

トップ面のボタンはDPIの増減用。ホイール動作はまぁ標準的で適度なノッチ感。

DPI毎にカラーが変化するタイプ。ソフトウェアでカスタマイズできたかもしれない。

Maxtillの「M」をかたどったロゴだと思うけど、このデザインは秀逸。

底面は少しチープ感の漂う見た目かなぁ?オン・オフスイッチが大きいのは扱いやすい、ちなみにこれはLEDのオン・オフ用です。ソールはテフロンかどうか不明。

LEDオフ状態です。

公式サイトの画像使っちゃった...まぁこの画像で急に欲しくなったww

ソフトウェアは英語には対応してる。

なんかシンプルなソフトウェアなんだけどファイル容量がかなり大きかった...

プロファイルも保存できるのかな?言語選択があるけどEnglishしか現れない...韓国語のIME辞書とか入れないとダメなのかな?

サイドボタンの割付など予め設定候補が沢山用意されてる。

マクロエディター。

LEDの発光パターンとかもいじれるようです。




B.Friend MK6A Cherry MX Mechaical Switch Keyboard

B.Friend のアルミ筐体TKLキーボード MK6A です。軸はチェリー製で重量が1.8kgとかなり重いキーボードです。 Mechanical Switches: CHERRY MX(Blue) Dye PBT Sublimated Keycaps N-Key ...